空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

私のスーツケースはRIMOWAで統一しています~機内持ち込み用は外側にポケットが付いているのが便利です(Lufthanza RIMOWAもレアですし)

欧米に出張に行き出した10年少し前、特にヨーロッパではRIMOWAのスーツケースを持っている人が多く、特に旅慣れた人はRIMOWAって感じでしたので憧れていました。ただ、日本で値段を調べると安いのでも5万以上。高いのになると10万とかしてたのでとても手がでませんした。でも海外赴任が決まり、やはりRIMOWAを持たなければと一大決心して4年程前に最初のRIMOWAを購入。それ以来海外赴任中に色々なサイズを揃えてしまいました。今日はRIMOWAのことについて書きたいと思います。

 

f:id:junchans123:20170620155156j:plain

まず最初に買ったのは今でもメインのスーツケースとして使っているリンボ82L。

確か赴任先の下見を兼ねてヨーロッパに行った時、途中に寄ったベルリンのデパートで購入したと思います。その時ジュラルミンとポリカ製のどちらにするか悩んだのですが、ジュラルミンは流石に高くて手がでませんでしたし、サルサは角とかの強度が不安だったのとジッパーなのが嫌でその間のリンボにすることに。その頃は今より安かったのと税金の還付を受けたので6万ほどだったと思います。ちなみに海外赴任中日本に帰った時は山ほど買い物して帰るはずだと大きさを少し悩んだのですが、確かこの大きさが預かって貰える上限でこれ以上大きいと追加料金がいるような感じだったのでこの大きさにしました(厳密に取られることは無さそうですが)。今でも現役で使ってますが、全く壊れることも無くこれは買って良かったと今でも思います。

f:id:junchans123:20170620155122j:plain

次に機内持ち込みぎりぎりの大きさの32L。ルフトハンザののマークが付いているルフトハンザモデルになります。ルフトハンザモデルなのでそのマークが付いている少しレアなスーツケースです。機内持ち込み用に使うスーツケースは外側にポケットがどうしても欲しかったのですが、通常のRIMOWAには当時そのようなタイプの物が無く、色々調べた結果ルフトハンザモデルで見つけました(今は普通のRIMOWAにもあるみたいですが)。

f:id:junchans123:20170620155125j:plain

更に小さな一泊とか二泊用のタイプで23Lです。日本に帰ってからは出張も短いのでこればかり使ってますね。やはりルフトハンザモデルで外側にポケットが付いてます。

ちなみにルフトハンザモデルはドイツの空港にあるWorldshopで売ってます。フランクフルトやミュンヘンの空港にもありますので欧州旅行に行った時の乗り継ぎの時に買えますので是非ドイツ乗り継ぎで行って下さい。日本で買うより元々安い上に税金の還付も受けれますのでかなり安いです。ただ、RIMOWAは大きさでそれほど値段に差が無く、これら全て5-6万位だったと思います(一番大きなのはかなり前に買ったので更に安かったということもありますが)。なので小さい物ほど割高に感じますね。

f:id:junchans123:20170620160825p:plain

小さい二つは機内持ち込みできるので短中期の出張に使ってましたが、海外赴任中は日本に一時帰国した時山ほど食料品とかを買い込むので結局二つのうち大きい方は荷物を詰め込んで預けていました。その為少し痛んでしまいました。ちなみにいつも帰国してた時はこんな感じでした(笑)。

f:id:junchans123:20170620155151j:plain

日本に帰る直前、やはり中間の大きさやつも欲しくなったので日本で買うより安いかとバルセロナで58Lのリンボを買ってしまいました。

f:id:junchans123:20170620155119j:plain

ほんとは青で全部統一したかったのですが、残念ながらその時店には青の在庫が無かったのと帰任まで数日だったのでやむなく別のカラーのにしました。

ほんと趣味の世界ですね(笑)。でも持って良かったなあと自己満足しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

?

フランクフルト-ヒューストン/ルフトハンザLH440便(A380)ビジネスクラス搭乗記~初めてのトラブルに遭遇

もうすぐスターアライアンス特典航空券を使って発券した欧州三カ国旅行です。ふと旅程を見てたのですが仁川-フランクフルト間はアシアナ航空A380です。めったに乗れない飛行機ですが、そういえば昨年欧州からアメリカに出張に行った時の飛行機がA380であったことを思い出して写真を探してみました。トラブルもあったのでその時のことについて書きたいと思います。

f:id:junchans123:20170619164005j:plain

フランクフルト空港で写したA380です。最近見た感じスリムな飛行機が多い中、超大型機なのでずんぐりとしてますね。

f:id:junchans123:20170619164001j:plain

座席そのものを写した写真が見当たらなかったのですが、A380といってもそれほど新しい機体では無く、少し古い印象でした。今でもルフトハンザで一般に使っているちょっと古めの座席で、一応フラットにはなりますが奥側(窓側)の人がトイレに行く時は通路側の人が寝てるとまたいで出ないといけません。

ちなみにこの写真は最初のドリンクサービスです。おつまみはどの路線乗ってもナッツです。確か少し温めていたような気がします。

f:id:junchans123:20170619163958j:plain

前菜です。マグロ(?)のたたきだったと思います。

f:id:junchans123:20170619163953j:plain

メインは魚にしました。昔は肉にすることが多かったのですが、結構固いことが多いので最近は魚にすることが多くなってきました。

 

f:id:junchans123:20170619163937j:plain

デザートとしてフルーツを頂きました。小食なのでだいたいこのあたりではお腹いっぱいで普通のデザートはいつも食べれないです。

f:id:junchans123:20170619164046j:plain

飛行時間は10時間ほどなので、最初のメインの食事の後は到着の二時間ほど前の食事になります。最近ANA便に乗ると二回目の食事はいつでもどうぞって言われますが、海外の航空会社はだいたい到着の二時間前に一斉に食べるって感じです。何かシチューっぽい物にサラダとデザートでした。

ルフトハンザ便は、日本発の便では不味い印象しかないのですが、ドイツ発は結構美味しいイメージがあります。この時も結構美味しかったです。ANA便でも海外発はいまいちなのでどの航空会社でもそうなんですかね。

A380の搭乗記といいながら当時はブログを書くとは思ってなかったので写真は少ないですし、普通のルフトハンザ便搭乗記になってしまいました。しかし欧州-アメリカ便のような日本発着便で無いフライトは日本人の乗客もまずいませんしアウェー感が半端無いです(笑)。

実はこのフライトで今まで経験したことの無いトラブルがありました。飛行機が離陸してさあ映画でも見ようか(最近のエンターテイメントの設備は進化していて、日本発着便でなくても日本語の映画が見れます。多分装置は全世界共通のように思います)と思って操作しようとしても全く動かない・・・自分の前の席も同じでした。乗務員が再起動とか色々やってくれたのですが、前の席のテレビはちゃんと直ったのですが自分の席のはどうしてもダメだと。一時間位格闘の末、乗務員から「故障が復帰できないし、今日はファーストクラス、ビジネスクラス両方満席で席もかわることができない」と言われました。文句言おうと思ったのですが、「その代り100€の機内販売チケットあげるのでそれで我慢してくれない?」とのオファーが。それではダメとか交渉しようと思ったのですが、気の弱い私はまあ仕方無いなあと受け入れました(交渉したら金額上がったかも(笑))。

そのチケットで買ったのはこれ

f:id:junchans123:20170619164040j:plain

結構いいBoseのイヤホンです。機内ではiPadで動画見てましたしまあいいかなって感じです。結局このイヤホンは嫁さんにとられましたが(笑)。

今度アシアナ航空A380に搭乗しますので詳しくレポートしたいと思います。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

?

現在の私のマイル数~陸マイラー生活半年と少しですが飛行機沢山乗っていた時より貯まるペースが速いです(@_@)

私は10年程欧米への海外出張と国内出張が多く、昨年まで数年間海外勤務であったこともありほぼANAのダイヤモンドを維持してました。昨年日本に帰任し、少し出張も減ったこともあり半年ほど前に陸マイラーとしてもデビューし、現在は空・陸両方のマイラーとしてマイルを貯めています。今回は今までの保持していたマイル数の変遷及び現在の状態について書きたいと思います。

目次

ANAマイルのステイタス別積算率

 

f:id:junchans123:20170613150632p:plain

f:id:junchans123:20170613150636p:plain

通常のスーパーフライヤーズカードを持ってます。実はゴールドを持ってた方が積算率がいいってのを最近知ったのですが、そのあたりの詳しいことは前回書きました。

今はダイヤモンド2年目以降になりますので積算率は125%になります。今までずっとプラチナ以上を維持していましたのであまり気にしてなかったのですが、考えると付与されるマイルはステイタスによってかなり違いますね。いずれSFCのみになると思いますが積算率が低く貯まるマイルがかなり減りそうです(飛行機に乗ることも少なくなるのでどっちみち減りますけど(^^ゞ)。

国内出張

私は関西在住だったので国内出張は殆ど大阪-東京(関西-羽田便)でした。出張で飛行機を使う人は私と同じように大阪-東京間がメインでは無いでしょうか。大阪-東京間で得られるマイルは変更可能であるチケットで計算すると

f:id:junchans123:20170613150626p:plain

ダイヤでかなり割増されてますが、1搭乗あたりわずか630マイルです。国内出張がメインの時はもっと乗ってたですが、海外出張に行くようになってからはだいたい50回程度だったので一年間で得られるマイルは30000マイルちょっとになります。飛行機沢山乗っている人が多い東京-大阪間ってマイル的にはかなり少ないですね。

欧米の海外出張合わせれば

f:id:junchans123:20170613150622p:plain

日本-ヨーロッパ間(例としてフランクフルトで計算してますが)のエコノミークラス(変更可)で得られるマイルは1往復あたり13000マイルと少しです(実際は乗り継いでヨーロッパの別の都市に行くことが多かったですし、前後に国内線も乗りますのでもう少し多いです)。トータルすると往復1回あたり約30000マイル。プレミアムポイント的にはあまりお得では無い欧米路線ですがマイル的には多いですね。年2、3回出張してました。改めて計算すると国内、海外両方合わせて年間10万マイル程度ということになります。

海外赴任時代

だいたい年2、3回程一時帰国していたのと、年1、2回位アメリカに出張行ってた位です。欧州内での出張はほぼLCCなのでマイルは付きませんし、付く航空会社に乗ってもメッチャ安いチケットなので一回あたり100マイルとか200マイルなのでほぼ無視できる位です。アメリカ便は当然ANAでは無いのでマイルの割増はありません(ただ、ユナイテッドだけがANAへのマイル積算でもボーナスついてました)。

f:id:junchans123:20170613150641p:plain

ユナイテッドに乗った時、あれ?何で付いてるマイル多いんだろと思ったのですが、ちゃんとANAのHPに書いてありました。

年間で得られるマイルやっぱり同じで10万マイル程度だったと思います。

その他のマイル

スーパーフライヤーズカードのポイントはきちんとマイルに移行してました。そこから得られるポイントは1万マイル程度だったと思います。

私が現在持っているマイルは

f:id:junchans123:20170613150711p:plain

現在32万ちょっとのマイルを所持しています。上に書いたようにだいたい年間10万マイル程度付与されてましたが、海外出張時のアップグレード(もちろんアップグレードポイントをメインで使ってましたが、足りない場合はマイルでアップグレードしてました。欧州のエコノミー→ビジネスへのアップグレードは28000マイルも必要なのですが、やはり楽さには変えれません)やたまに行く旅行に使ったりしてました。子供の就活なんかでも使ってましたかね。ダイヤモンドになれば一旦マイルの有効期限が無くなります。ダイヤが終わった時に、持っている全てのマイルがそこから改めて3年有効ですので3年に一度ダイヤになっていれば有効期限が無いのと同じになります。ということで幸いマイルの有効期限が来るので無理やり使うといったことはしたことありません。

という訳で手持ちのマイルはいつもだいたい30万マイル代でした。昨年は沢山ヨーロッパを往復したこともあり50万マイル近く持ってたのですが、今年2月に旅作でシンガポールに行った時に13万マイル(スカイコインへ1.7倍で交換して支払い)使ったのと今年夏に妻と一緒にヨーロッパに行くので19万マイル使ったので一旦激減しました。

陸マイラー活動開始

昨年海外赴任から帰ってきて仕事も変わったせいで海外出張も減り、空マイラーとして貯まるマイルは激減しました。その時知ったのがいわゆる陸マイラーとしての活動です。昨年夏ごろポイントサイトに登録し、ソラチカカードを発行して陸マイラー活動を開始したところ順調にマイルの加算が始まり、再度手持ちマイルが30万以上に回復したという経緯です。

陸マイラーとして貯まるマイルって凄いですね

今のところ順調に月18000マイル加算されてます。ということはいわゆる年間216000マイル加算ということになります。今まで仕事で山ほど飛行機乗って年間10万マイル貯まっていったのが、陸マイラーではその倍のマイルを稼ぐことができるってよく考えると凄いですね。まだまだ初心者陸マイラーですがそれでもこれだけマイルを稼ぐことができるというのは何かわけのわかんない世界でもありますが。

ちなみに妻は陸マイラーに全く興味ありません(というか何胡散臭いことやってるのって感じで見られてます)。二人であればもっと貯めることができるのですがこれは仕方無いですかね(同じような境遇の人もいるとは思いますが)。

これからは今までのような記事に加えて初心者陸マイラー活動や旅行記なんかも書きたいと思います。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

クレジットカードはずっと普通のスーパーフライヤーズカードを持ってます~ゴールドにすればマイル積算率がupするのを最近知りました~VISAの場合はそれ以外を考えてもゴールドの方がお得ですよ

私は15年程前のプラチナ会員の制度ができた初年度にプラチナになりましたが、その時既にANAカードを持っていたのですぐにVISAスーパーフライヤーズカードを申し込んでそれをずっと使ってます。そのメリットに関して以前書きました。

junchans123.hatenadiary.jp 

実はそれ以来ずっとプラチナ以上を維持しているので考えたらあんまり持っていた意味は無かったのですが(笑)、まあ継続でボーナスマイルも少し貰えますし戻すのも面倒なのでずっと年会費を払い続けてます。ただ、妻も家族会員なのですが、少しの年会費で家族がスーパーフライヤーズカードを持てるというのは凄いメリットだと思います(以前も書きましたが、ほんとスターアライアンスの他の航空会社から文句でないか心配です)。スーパーフライヤーズカードが永久に継続できることを含めていつ改悪がないか密かに心配しています(笑)。

一応このカードをメインカードとして使っているのですが、今日はこのカードのマイル関連に関して書きたいと思います。

目次

付与されるポイントのマイルへの交換 

 

ゴールドカードは無料で1ポイントを10マイルに交換できますが(これで還元率1%です)、普通のカードでは10マイルで移行する場合1年ごとに6480円かかります(昔はもっと金額が低かった(2000円程度?)のであまり気にしてなかったのですが、何年か前にかなりの改悪になりました)。毎年6480円が必要なら当然ゴールドにしてたのですが、これには裏ワザがあり、3年に一回払うだけで全てのポイントを10マイル換算でマイルに移行できます

VISAのポイントは2年間有効です。例えば今年の4月に付与されたポイントは2019年の4月まで有効です。従って、

  • 2016年度→6480円を払って10ポイント換算でマイルへ移行(2017年3月末にそれまで持っている全てのポイントを全て移行)
  • 2017年4月付与ポイント→有効期限は2019年4月末

ということで、次は2019年度に6480円払って移行すればいいことになります。

通常スーパーフライヤーズカード年会費11070円+3年に一度のマイル移行手数料;2160円=13230円となり、スーパーフライヤーズカードの年会費16200円より安いということでゴールドには変えずにずっと普通のカードを維持してきたのですが・・・

(ちなみにVISA(JCBはならない)はWEB明細の切り替えで通常カード;-540円、ゴールド;-1080円ですのでそれぞれ12690円、15120円となります)

マイ・ペイすリボ(リボ払い)への登録で年会費が割引に

ずっと空マイラーだった私は半年と少し前に陸マイラーとしてデビューしました。そこで改めて色々調べたところ、VISAカードの場合(これもJCBはならない)マイ・ペイすリボへ登録することにより年会費が割引になることを最近知りました。それもその割引率はゴールドの方が大きいという・・・

この登録によりWEB明細への切り替えを含めた必要年会費は、

  • 通常カード:9477+2180=11657円
  • ゴールドカード:11340円

なんとゴールドの方が安くなってしまいました(+o+)。

ただ、家族カードを発行する場合の手数料が少し違います。

  • 通常カード;一枚当たり5508円(マリ・ペイすリボへの登録で4941円)
  • ゴールドカード;一枚当たり8100円(マイ・ペイすリボへの登録で6480円)

となりますので、もし家族カードを一枚持つとした場合、トータルで

  • 通常カード;16598円
  • ゴールドカード;17820円

となり、通常カードの方が安くなります。

更にマイル積算率を比較してみると

ANAのページでマイルの積算率を比較してみました。 

f:id:junchans123:20170613150636p:plain

f:id:junchans123:20170613150632p:plain

なんとゴールドカードでは積算率が5%高いんですね(+o+)。

何年もスーパーフライヤーズカード持っていてこのことは知りませんでした(^^ゞ。

これからは陸マイラーの方が多くなりそうなのであまり関係無くなりますが、この15年間ANAに乗り、付与されたマイルはトータルで100万マイルは余裕で超えると思いますので5%余分に付いてたと考えると非常に悔しいです(T_T)。 

結局はゴールドカードですね

VISAカードの場合、マイ・ペイすリボへ登録し、手数料を発生させるとボーナスポイントが更に1ポイント付きますし(これも今までは知りませんしたので全くやってません)、前年の使用金額によってステージが変わり、ボーナスポイントが更に付与されますのでこのボーナスポイントにも今後は注意していきたいと思います(普通にマイルに交換すると1ポイント:3マイルですが、ポイントサイトを経由すると更に上がりますし)。

手数料を細かく比較してみましたが、家族カードを持つとトータルで通常カードが少し安くなるとはいうもののゴールドカードの場合は付与される保険も上ですし、飛行機乗る人はマイルの積算率も上になりますのでやはりVISAのゴールドカードを持つべきですね。ポイントの有効期限を確認して3年に一度手続きしないといけないとか面倒ですしマイルが必要になって急に交換となればかなり損しますし。

ただ、ゴールドカードにするとカード番号が変わる為自動引き落としとかを変更しないといけないので、自分的には面倒だなあと考えてやってません(^_^;)。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

?

たまに見かけるVIPの人~そりゃあダイヤモンドどころでは無いですよね

ANAマイレージクラブにはSFC、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドとステータスがあり、そのステータスによって受けれるサービスが違います。私は今ダイヤモンドですのでかなりいいサービスを受けてます。

junchans123.hatenadiary.jp

junchans123.hatenadiary.jp

junchans123.hatenadiary.jp 

ちなみに優先搭乗というのは、国際線のエコノミーに搭乗する際は先に搭乗できて上の荷物棚を確保できるので凄くありがたいですが、国内線に搭乗する時はだいたい日帰りか一泊の出張ですので小さな荷物だけなのでいざとなれば前の席の下に置けるので私的にはあまりメリットを感じません(だいたい通路側なので後で奥に乗ってくる人を通す為に立ち上がったりしないといけないですし)。ただ、搭乗口に早めに行ってる時は有難く先に搭乗してますが(笑)。

ダイヤモンドより上のステイタスは無いので一番いいサービスを受けていますが、実はその上にVIPの人がいます。たまに見かけるVIPの人のことについて書きたいと思います。

 

VIPの人

大企業の役員クラスの人がこのVIP待遇になると思います(今まで見かけた人は全てそうでした)。国会議員に関してはテレビで顔を見かける人が普通に搭乗しているのを見かけたことがありますので、もしかすると大臣クラスがこの待遇かもしれません。

 

ラウンジ(待合室)

当然スイートラウンジでは無く、待合室としてVIP ROOM(正確には何と言うか知りません。特別待合室かも)が使われます。羽田空港で利用する場合は予約必要と担当者が話してた記憶あります。ただ、大臣とかと重なったらそちらが優先されるのでごくまれに使えないことがあるとのことでした。国際線、国内線にあると思いますが、残念ながら行ったことありませんし場所も知りません。ちなみに国内線の関西空港ANAラウンジ(セキュリティを抜けてすぐ右)の隣にあります。関空のラウンジの奥に何も書いてない謎の扉があり、昔は何の部屋かなあと思ってましたがその扉の奥が特別な部屋です。実はその部屋にはトイレが無いみたいでトイレを使う際はラウンジのトイレを使うみたいです。たまにその扉を開けてラウンジ内のトイレを使う人を見たことあります。

アテンド

地上係員では無くスーツ着た人が飛行機搭乗までアテンドしてくれます。そんな人を見たことある人もあるかと思います。

国際線の場合行きも勿論そうですが日本への帰国便の際も現地係員がちゃんとアテンドしてくれるようです。ただ、海外の空港で乗り継ぐ場合はその先は無理で、乗り継ぐ先の航空会社のラウンジまでみたいです。ちなみに乗り継ぎ便がギリギリだったり遅れた場合はちゃんと特別ルートで乗り継ぎとのことで、一度フランクフルト行きのANA便が遅れた時、フランクフルトの空港で飛行機から出た所にANAの現地係員が待っていて一緒に階段降りてベンツ乗って行った人見たことあります。

国内線はあまり見たこと無いですが、一度羽田空港で沖止めだった時、みんなが乗るバスの横に黒塗りの車が止まっていて係員に連れられて乗って行った人見たことあります。

ちなみに搭乗の時は一番最後です。ダイヤモンドとかの優先搭乗は一番先ですが、本当の優先搭乗は一番最後ってことですね(笑)。席も一番前ですしギリギリまでゆっくりして最後に乗って出発って確かにこの方がだいぶ上ですね。

荷物

黒の VIPタグ付いてる鞄を数回見たことあります。メッチャレアなので写真撮りたかったのですが流石に恥ずかしくて無理でした(笑)。ファーストクラスタグ付いた荷物より遥かに早く真っ先に出て来ます。ちゃんとアテンドの係員がピックアップして持って行ってくれるのでVIPの方は何もする必要ありません。ほんと特別扱いっていうのはこういった人ってことですね。

ちなみに別件ですが、2月に初めてシンガポールに行った時シンガポールの空港で荷物をピックアップしようとターンテーブルに行くと既に荷物が出始めてたのですが、探しても自分の荷物が見当たらない…ダイヤなのでファーストクラスタグが付いてて最初の方に出てくるはずなのにまさかロスト?って思ったのですが、シンガポールの空港ってファーストクラスのタグが付いてるとピックアップして所定の場所に置いてくれるんですね。今までそんな経験無かったので驚きました。シンガポール流石です。

 

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

?

飛行機搭乗時でのCAさんの挨拶に関して思うこと~昔はエコノミーでも丁寧な(丁寧すぎる)挨拶がありましたが

ANAの国際線の搭乗時CAさんが挨拶に来られることがあると思いますが、昔と今ではかなり変わったように思います。上級会員であるかどうか、乗ってるクラスによる違い等を含めて自分が思っていることについて書きたいと思います。

 

ファーストクラスの場合

これは上級会員であるかどうか関係無いでしょう。搭乗している皆さん全てに対して名前を呼んで挨拶に来られると思います。その際新聞とか雑誌とか希望も聞いてくれると思いますし、当然上着も預かりましょうと言われますし、欧米便では着替えするかどうかも聞かれます。ちなみに関係無い話ですが私は乗った時はせっかくなので必ず着替えます。持って帰っていいよとも言われますので荷物にならない場合は貰って帰ります(笑)。

 

ビジネスクラスの場合

これは昔と今で変わったと感じます。というかその時その時で変わってきたのではないでしょうか(その時のCAさんによるかもしれませんが方針とかは決まってるとは思います)。昔は上級会員以外の人には全く挨拶はありませんでした。上級会員でもプラチナ会員以上に挨拶があった時もあればダイヤモンドの人だけに挨拶していた時期もあったと思います。ダイヤモンドの今は当然挨拶には来られますが、まわりを見ているとほぼ全員に挨拶しているように感じます。ただ大きく変わったのが名前を呼んでさりげなくって感じになったことです。昔は何か仰々しい挨拶で、そこまで言わなくても・・・といった感じでちょっと恥ずかしかったですが(個室では無かったですし)、今はそんな感じではなくなりました。個人的には別に挨拶なかってもいいですし、そのさりげない感じで十分です。ただ、今年の初めに妻とシンガポールに行った時、行きはプレミアムエコノミー、帰りはアップグレードでビジネスだったのですが挨拶は無かったです。二人連れだと気を使ったのですかね。

 

エコノミークラスの場合

私の記憶ではダイヤモンドの人には挨拶に来ていたと思います。ただ、最近はわざとらしく挨拶しないとうまくタイミングが合わない場合は来ないようにも思います。やっぱり仰々しい挨拶はやめてくれと苦情が出たんですかね。自分もそう思いますが。

 

最後に実はこのエピソードを書きたかったのですが、今から10年程前にエコノミークラスに乗っていた時にCAさんがやってきて・・・

「**様本日はご搭乗ありがとうございます。本日は狭い席で申し訳ございませんがおくつろぎ下さい」って言われました(@_@)。

そんなこっちがお金出さずにエコノミーのチケット買ってるだけなのにその言い方はちょっとびっくりしますよね(笑)。周りの人は「この人何?」ってじろじろ見てるし流石に恥ずかしかったです。そう言われたら優越感を感じる人もいるかもしれないので当時はそういう言い方になっていたんだろうと推測できますが、自分的にはちょっとやめてくれといった感じです。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

?

羽田空港国際線スイートラウンジDining hに行ってきました~シャワーとかぶっても大丈夫ですよ

バルセロナに住んでいた頃、日本から戻る時は殆どANAのフランクフルト行きの深夜便を利用していました。深夜便はたっぷりお酒飲んで乗るとすぐに熟睡(離陸後に飲み物のサービスがあるのですが一度も飲んだことありません)。起きて朝ごはん食べて少しするとフランクフルト早朝着なので、そのまま夜まで起きていれば疲れて寝れるので一番時差ボケにならなかったのでいつもこの便で帰ってました。

その際夕食は常に羽田空港のラウンジ。スイートラウンジはお酒のつまみも豊富なのでいつも堪能していたのですが、Dining hができてからは更に良くなっていつも楽しみでした。Dining hもできた当初は混んでなかったですが、今は激混みでいつも待たされるようになってしまいました。

今年の冬に妻とシンガポールへ遊びに行った時、行きは羽田発の深夜便でしたので久しぶりに行って堪能してきましたのでその時のことを書きたいと思います。

まずは関空から国内線で羽田へ。確かスイートラウンジに着いたのが夜の8時頃だったと思うのですが、まずはシャワーをお願いすると5人程待ってるとのこと。じゃあ食べながら待ちますと言って呼び出しのブザーを受け取ってDining hへ。予想通りここも満席だということでここでも同じようなブザーを受けとって待つことに。二つがかぶったらどうしたらいいのかなと思って待ってると、先にDining hに席が用意できたということで食事を始めることになりました。

ちなみに食べ始めて暫くするとシャワーもOKになったみたいで呼び出しが・・・食べ始めたところなのでシャワーは断るしかないかとカウンターに行ったのですが、そこで事情を話すと食べ終わったら係員に声をかけて下さいとのこと。食べ終わって係員の人に話すると連絡してくれて次あいたシャワーを使わせてくれました。シャワー待ってる時に食事中でもちゃんと考慮してくれるので大丈夫ですよ(笑)

f:id:junchans123:20170609093939j:plain

まずはシャンパンと前菜。もちろんメッチャおいしかったです。

f:id:junchans123:20170609093944p:plain

メニューを貰ったのですが、まだ限定メニュー大丈夫とのこと。肉とエビを妻とシェアしようと思ったのですが、二人とも肉を主張(笑)。ステーキを二つ頼みました。

f:id:junchans123:20170609093936j:plain

いやあ、ほんとこの肉はおいしかったです。それまでDining hに来る時はバルセロナに戻る時ばっかりだったので最後の日本食をということで頼んだこと無かったのですが、このステーキはほんと食べる価値ありました。

f:id:junchans123:20170609094456j:plain

米食べてなかったのでもう少し食べれるかなあと思って酸辣湯麺を一つ頼んで妻とシェアしました。これも流石に美味しかったです。

f:id:junchans123:20170609093931j:plain

デザートのメニューを貰うとこんな感じ。ANAの欧米便のビジネスクラスで食べれるデザートでした。この時はお腹いっぱいで食べなかったですが。

f:id:junchans123:20170609094007j:plain

食事の後は無事シャワーも浴びてさっぱり。暫くお酒飲んでシンガポール行きに搭乗しました。ちなみにヌードルバーでこんなメニューも頼むことができます。Dining hが無かった頃は前菜食べた後麺類とかで〆てたように思います。

 

通常のANAラウンジはカレー、焼きそば、麺類、おにぎり、サンドイッチと炭水化物がメインですが、スイートラウンジはほんといいです。(修行をしなければ(笑))今年はプラチナどまりだと思いますが、来年以降羽田の深夜便を使う時はヤフオクで5、6000円程でスイートラウンジに入れる券を落札できると思いますのでそれ使おうかなと思ってます。それ位の値打ちはあると思います。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

?